iPhoneの1200万画素とアスペクト比について

2019年現在、iPhoneのカメラは、1200万画素のiSight カメラ(背面カメラ)が搭載されています。

FaceTime カメラ(前面カメラ)はiPhone 6s以降で500万画素です。

縦横の解像度とアスペクト比、Lサイズにプリントするときの注意点を書いていきます。

スポンサーリンク

1200万画素の解像度とアスペクト比

iPhoneの背面カメラの画素数と解像度、アスペクト比
画素数1200万画素
縦横の解像度4032 × 3024ピクセル
12,192,768画素
アスペクト比4:3

iPhoneの背面カメラのアスペクト比

アスペクト比の計算です
縦横の解像度の最大公約数は1008なので

4 = 4032px ÷ 1008
3 = 3024px ÷ 1008

これで、縦横の比が4:3だということが分かります。

関連記事 最大公約数の計算機

iPhoneで撮った写真のLサイズへの印刷

コンビニの写真プリントはLサイズでのプリントになります。

iPhone写真をコンビニのLサイズに印刷すると、ほんの少しですが左右がカットされます。

Lサイズの縦横比は1:1.43なので、iPhoneの縦横比(1:1.5)よりも、ほんの少しだけ左右が短いのです。

Lサイズへの印刷することが決まっている時は、左右をぎりぎりに撮らないように注意されたほうが良いです。

関連記事 写真のサイズとアスペクト比の一覧

コメント

サイズ.jp

タイトルとURLをコピーしました