mAhからWhへ自動計算 モバイルバッテリーの容量

バッテリーの容量(mAh)
結果: 0Wh
バッテリーの容量(Wh)
結果: 0mAh

mAhの数字を入力するとWhに変換できます
下の欄ははWh→mAhです

ANAの場合

  • 100Wh以下(個数制限なし)
  • 160Wh以下(2個まで)

という区切りがあり、モバイルバッテリーであれば、機内持込みに限り可能です。

他の航空会社も、ほぼ横並びの規約になっていますね。

各社、少しずつ変わることもありますので、必ず、搭乗される航空会社のサイトでお調べください。
参考 ANA JAL jetstar ピーチ

例えばこの商品は26,800mAhですが、計算すると 99.16Whとなります。

関連記事 機内持ち込み手荷物のサイズ

mAh→Wh換算表(簡易)

Amazonのモバイルバッテリー売れ筋ランキング上位などのmAh→Wh変換表です

mAh Wh
5,000 18.5
5,200 19.24
6,700 24.79
10,000 37
13,800 51.06
24,000 88.8
24,800 91.76
25,000 92.5
26,800 99.16
27,027 100
43,243 160

手軽な10,000mAh(37Wh)のモバイルバッテリーのおすすめ

mAhからWhへ換算するときの計算式

一般的な換算計算式は

ワット時定格量(Wh)= 定格定量(Ah)× 定格電圧(V)

です。

現在主流のリチウムイオン電池を使ったモバイルバッテリーに合わせた計算では

ワット時定格量(Wh)= 定格定量(mAh)× 3.7(V) × 1000

となります。

定格電圧は、モバイルバッテリーのUSB出力からの出力5Vではなく、内部に使われているリチウムイオン電池の電圧3.7Vを使わなければいけません。

また、1A=1000mAですので、Whの計算式で使われるA(アンペア)とmAhのmA(ミリアンペア)の単位を合わせるために1000を掛けています。

(参考)

W = 電流(A) × 電圧(V)

というのは、理科の授業で習ったと思いますが、この両端にh(時間)を掛けると

Wh = Ah × V

になります。

この式のA(アンペア)は、mA(ミリアンペア)の1000倍ということから

Wh = 1000mAh × V

ということも分かります。

モバイルバッテリーは通常mAh表示ですので、分かりやすくするために

Wh = mAh × V × 1000

という計算式を使います。

この計算式だと、モバイルバッテリーに表示されている数字をAhに計算しなくても、mAhの単位でそのまま入力しても良いという式になります。

※計算式は、Amazonなど一般的に売られている、リチウムイオン電池を使ったモバイルバッテリーの計算です。USB出力5Vのものです(内部電池の定格電圧3.7Vで計算しています)

mahからwhへモバイルバッテリーの容量単位変換

かんたん計算機

「ご注意:計算結果について、正確な結果が出るように検証をしていますが、間違いがある可能性もあります。ご了承ください。当サイトでは、入力内容・結果は記録していません」

かんたん計算機

コメント

タイトルとURLをコピーしました