牛久大仏の高さ 避雷針・展望台

スポンサーリンク

牛久大仏の高さは 地上から120m

牛久大仏 高さ
全高(本体+台座) 120m
像高(本体の高さ) 100m
台座(基壇部10m+蓮華座10m) 20m

茨城県牛久市にある牛久大仏の高さは

  • 立像(りつぞう・りゅうぞう)として世界4位
  • ブロンズ製の立像として世界最大

となっています。

牛久大仏の高さをビルでいうと。富国生命本社ビル(千代田区)が120mですので、あのくらいということになります。

なお、シンゴジラ・ゴジラKOMは、台座も含めた牛久大仏より少し小さい感じです。

関連記事 歴代ゴジラの身長体重一覧

参拝者は牛久大仏のどの高さまで登れるか?

牛久大仏の参拝者は内部に入ることができ、上に登れます。

  • 1階「光の世界」
  • 2階「知恩報徳の世界」
  • 3階「蓮華蔵世界」
  • 4階と5階「霊鷲山の間」
  • 5階「展望台」

展望台があるのはちょうど胸のあたり、地上高80m(85m?)くらいの場所です。

この場所には4方向に窓がついていて、霞が少ない日には、スカイツリーや遠くは富士山も見渡すことができます。もちろん、エレベーターでいけます。

牛久大仏の避雷針

牛久大仏の避雷針

牛久大仏の避雷針

牛久大仏の頭をじっくり見ていると、棒が立っていることに気づきます。

牛久大仏は120mという高さで、周囲に低い建物ばかり。東京スカイツリー等もそうなのですが、高い建造物には避雷針がついています。もちろん、牛久大仏にも避雷針がありますね。

避雷針の長さは…わかりませんが、牛久大仏の螺髪(大仏の丸い髪)の直径が1mですので、写真で見ると避雷針の高さは約5~6mのような感じに見えます。

コメント

サイズ.jp

タイトルとURLをコピーしました