乾電池のサイズ 単1形から単5形と9V角形

乾電池のサイズまとめです

  • 単1から単5までの直径と長さ(高さ)
  • 9V角形のサイズ
  • それぞれのアメリカでの呼び方
  • 乾電池を実際に測ってみました

など等を書いています。参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

乾電池のサイズ表

乾電池のサイズ一覧・単1~単5と9V形の高さと直径

乾電池のサイズ表です。

電池の種類 直径 長さ アメリカでの呼び方
単1 34.2mm 61.5mm D
単2 26.2mm 50.0mm C
単3 14.5mm 50.5mm AA
単4 10.5mm 44.5mm AAA
単5 12.0mm 30.2mm N
9V角形 高さ48.5mm
幅 26.5mm
奥行17.5mm
9V

乾電池は6種類の規格(JISC8500)があります。

表のサイズは最大の長さを書いていて、JISでは最小の値も決まっています。最小の長さは2mmほど短いですが、電池を入れるケースはバネで端子と接触するようになっていますので、使うときに影響はありません。

乾電池アダプターをつかうと、単3形→単2形、単3形→単1形として利用できます。100均などで販売されていますので、単3形のエネループなどの充電池を使われている方は利用されると便利です。

 

※日本で作られる乾電池のサイズは日本工業規格(JIS)で決まっていますが、アメリカでも同じサイズの乾電池が手に入ります。もちろん、アメリカのAmazonでも買うことができます。名称は表のとおりです。

乾電池のサイズを実際に測ってみました

乾電池のサイズを実際に測りました。

日本で作られる電池のサイズは(日本工業規格JIS C8515で)最大と最小が決まっていますので、範囲に収まっているか調べてみます。

※ショートを防ぐために、ノギスの片方(ジョウ)にはセロファンテープを貼っています。

単1電池の実際のサイズをノギスで実測

単1電池の長さの範囲は59.5mm~61.5mmです。

手元にあったナショナルの単1電池は、60.23mmですので、範囲内の長さであることが分かります。

 

 

単1電池の直径の範囲は32.3mm~34.2mmです。

手元にあったナショナルの単1電池は、33.24mmですので、範囲内の直径であることが分かります。

 

このように、実際に測ってみると、ネットでよく見かけるサイズとは異なり、わずかに小さいことが分かります。ですが、規格の最大最小の範囲内であれば、実用的に問題ないことが分かりました。

コメント

サイズ.jp

タイトルとURLをコピーしました