文庫本のサイズはほぼA6だけど例外もあると実測して分かった

スポンサーリンク

文庫本のサイズ

文庫本のサイズ

文庫本 サイズ
文庫本(通常サイズ) 105×148mm
嶋中文庫『浅見光彦殺人事件』 内田康夫 105×150mm
光文社文庫『月下の恋人』浅田次郎 105×152mm
早川ミステリ『深夜プラス1』ギャビンライアル 106×151mm
A6サイズ(105×148)(参考) 105×148mm

文庫本はA6サイズと同じで【105mm×148mm】が主流です。

ですが、表のように、とくに高さ(長辺)に関しては各社でわずかですが違っています。

実際に重ねておいた時にも、その差が分かります。

※後半で実測しています

文庫本の厚さとブックカバー

文庫本の厚さの違い

文庫用にブックカバーを用意されるとき、厚さに注意されてください。

文庫本の基本の縦横のサイズは、【105mm×148mm】ですが、厚さはページ数によってずいぶんと異なります。

例をあげると

文庫本 ページ数 厚さ
深夜プラス1 380p 15.5mm
月下の恋人 301p 13.5mm
浅見光彦殺人事件 281p 12mm

文庫本の紙の場合、表のように100ページの差で厚さが約4mm違ってくる感じです。

どの文庫本にでも使える汎用性が高いカバーものがご希望であれば、自分で折り曲げて作るタイプのブックカバーをお勧めします。

文庫本のサイズをノギスで実測

文庫本の基本のサイズはA6と同じ105×148ですが、実際には少しづつ違っています。

手元の文庫本から、高さをいくつかを測ってみました。

 

まずは、『浅見光彦殺人事件』(中嶋文庫)です。

この本はA6より2mm大きいですね。

実は、同じ浅見光彦シリーズでも講談社文庫の『江田島殺人事件』の高さは148mmでA6サイズぴったりだったりします。

 

次に測ったのは浅田次郎さんの『月下の恋人』(光文社文庫)です。

写真の通り、152mmの高さがあり、A6サイズの高さより4mmも差があります。

 

こちら、非常にわかりにくいですが、ハヤカワミステリ文庫の『深夜プラス1』(ギャビンライアル)です。

151.5mmと、こちらもA6の規格から外れていますね。

 

今回は3冊でしたが、文庫本はA6サイズとは言うものの、出版社によって、もしかしたら、シリーズによって、縦横のサイズが数ミリ程度は違っていることが分かりました。

関連記事 ライトノベルのサイズ

コメント

サイズ.jp

タイトルとURLをコピーしました