機内持ち込み手荷物のサイズ JAL・ANA・国内LCC、離島線などの制限サイズと重さを比較

機内持ち込み手荷物(エコノミークラス)の制限サイズと重さを比べました。

今回調べた国内線の12の航空会社のすべてで

  1. 手荷物のサイズ制限
  2. 荷物の合計の重さ
  3. 制限個数は2個(手荷物+身の回り品)まで

この3つの制限がありました。

手荷物持ち込みの大きさは安い航空会社、LCCの飛行機で旅行するときに大切な事柄ですので、ご参考になれば幸いです。

国内線の機内持ち込みができる手荷物サイズと重さの一覧

2019年3月更新時点の情報です。
持ち込み可能な正確なサイズは、必ず航空会社のwebサイトで調べられてください。

航空会社
(リンク)
手荷物のサイズ
(cm)
合計重量
(Kg)
合計個数
(個)
ANA
100席以上
55 × 40 × 25以内
3辺合計が115cm以内
10 2
手荷物と身の回り品
JAL
100席以上
55 × 40 × 25以内
3辺合計が115cm以内
10 2
手荷物と身の回り品
FDA 45 × 35 × 20以内
3辺合計が100cm以内
10 2
手荷物と身の回り品
ピーチ 3辺合計が115cm以内 7.0 2
手荷物と身の回り品
バニラエア 55 × 40 × 25以内
3辺合計が115cm以内
7.0 2
手荷物と身の回り品
ジェットスター 56 × 36 × 23以内 7.0 2
手荷物と身の回り品
春秋航空 56 × 36 × 23以内
3辺合計が115cm以内
7.0 2
手荷物と身の回り品
エアアジア 56 x 36 x 23以内
40x30x10以内の身の回り品
7.0 2
手荷物と身の回り品
スカイマーク 55 × 40 × 25以内
3辺合計が115cm以内
10 2
手荷物と身の回り品
スターフライヤー 55 × 40 × 25以内
3辺合計が115cm以内
10 2
手荷物と身の回り品
ソラシドエア 55 × 40 × 25以内
3辺合計が115cm以内
10 2
手荷物と身の回り品
エアドゥ 55 × 40 × 25以内
3辺合計が115cm以内
10 2
手荷物と身の回り品
天草エアライン 45 × 35 × 20以内 10 2
手荷物と身の回り品
日本エアコミューター 収納棚又は座席下に収納可能なもの
3辺合計が100cm以内
10 2
手荷物と身の回り品
オリエンタルエアブリッジ 45 x 35 x 20 以内
3辺合計が100cm以内
10 1(?)
手荷物
身の回り品記載なし
北海道エアシステム  

各社ともに荷物の規定は、変更の可能性がありますので、必ず乗る前に確認されてください。

機内に持ち込んだ手荷物を置く場所

機内に手荷物を持ち込んだら、置く場所が決まっています。

  • 大きな「手荷物」は座席頭上のボックス
  • 「身の回りの品」を入れたバッグは前の座席の下

に置きます。

離陸前、着陸の時は必ず指定の場所に置かなければいけません。

例えば、離陸前に身の回りの品を膝の上に置いておくと、乗務員さんがお声掛けされます。

 

各社が利用する飛行機には大きさの制限があります。機内持ち込み手荷物の大きさの制限は、飛行機の荷物を置く場所の大きさで決められているということですね。

LCCは荷物の重量に厳密な可能性

(この記事を書いている)私の体験ですが

成田空港の第三ターミナル、搭乗ゲート前のカウンターの場所で、LCCの航空会社の係員により、機内持ち込み荷物の重さを調べられたことがありました。

重量検査に合格した荷物にはシールが張られ、重量オーバーで合格しなかったものについては、預け荷物の料金を支払っている方を目撃したことがあります。

とくに、帰りのお土産などが要注意で、「お土産の袋も1個の荷物」と数えられます。

  1. 機内持ち込みは必ず合計2個まで
  2. 合計重量は規定以内(7kgか10kg)
  3. メイン荷物のサイズも重要

この3つは守られてください。

 

LCCでは荷物の個数、合計重量、サイズのどれかが超えてしまうと「預け荷物」となり、搭乗口前で指摘されると、通常の預け料金より高額の支払いになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました